SCORE CARDBACK NUMBER

地元密着で上を目指す。秋田で見たクラブの形。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2006/08/17 00:00

地元密着で上を目指す。秋田で見たクラブの形。<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

 地域密着の度合いにはいろいろな尺度があろうが「地元出身者率」でいえばこれは驚異の高さだ。ラグビートップリーグの下に位置するトップイーストに今季から参戦する秋田ノーザンブレッツ(NB)は、今季の登録選手53人のうち51人が秋田市やその周辺の出身者。残る2人も、1人は埼玉から秋田大医学部に進み、在学中に関東代表セレクションに呼ばれた経験を持つ30歳の医師と、秋田市教育委員会嘱託でスポーツ国際交流に従事するNZ人選手だ。

 NBは'04年、全国社会人大会出場8回の名門・秋田市役所を母体に設立。同じ東北では新日鐵釜石から生まれ変わった釜石シーウェイブスが先輩だが「釜石は会社の決定でクラブ化したけど、我々の場合は内発的。秋田にはラグビー仲間がいっぱいいるし、市長にお願いして市役所の名前を外してもらったんです」とNBの新出康史監督。全国高校ラグビー最多15回の優勝を誇る秋田工を擁し、吉田義人や桜庭吉彦ら多くの日本代表を輩出してきたラグビー王国だ。地元に残ったりUターンした秋田っ子が自由に参加できるクラブという理念のもと、選手の過半は建設会社や教員など市役所以外の職場から参加。'98年度秋工主将のNO8児玉和也副将ら3人の高校代表経験者は、それぞれ違う職場から練習に駆けつける。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 400文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本には野球がある。Be Proud of Baseball

ラグビーの前後の記事

ページトップ