SCORE CARDBACK NUMBER

U-17代表に感じた
日本サッカーの光明。
~ワンタッチ信仰からの解放~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byMasako Sueyoshi

posted2009/06/09 06:00

U-17代表に感じた日本サッカーの光明。~ワンタッチ信仰からの解放~<Number Web> photograph by Masako Sueyoshi

最年少記録を次々更新しているG大阪の宇佐美貴史。練習試合でも中心選手として活躍した

 ワンタッチ信仰が強すぎはしないか。最近の日本のサッカーを見ていて、そんなことが気になっている。

 確かに、ポンポンとワンタッチでパスがつながる攻撃は痛快だ。しかしその一方で、ワンタッチを意識するあまり、慌ててパスミスしたり、相手の厳しいプレッシャーを怖がり、ワンタッチで逃げてしまったり、と悪しき習慣をも助長しているように思えてならない。

 唐突にこんなことを言い出したのには、理由がある。U-17代表を見ていて、思わぬ発見があったからだ。

 5月中旬に行なわれた練習試合で、U-17代表はFC東京、明治大と対戦し、いずれも敗れた。だが、結果はこの際、どうでもいい。目を引かれたのは、概して自分たちより体が大きい相手に厳しく寄せられても、選手たちが慌てることなくボールを扱っていたことだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 553文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

池内豊
香川真司
宇佐美貴史

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ