SCORE CARDBACK NUMBER

デラホーヤが成し遂げた6階級制覇の持つ意味。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2004/07/01 00:00

 オスカー・デラホーヤが新たにWBOのミドル級チャンピオンベルトをコレクションに加え、6階級世界制覇を成し遂げた。フェリックス・シュトルムに僅差の判定勝ちを飾ったものだ。バルセロナ五輪の金メダリストから翌年プロに転じ、S・フェザーからミドルまで試合体重を上げること実に30ポンド(13・6kg)。さすがに腰のあたりは贅肉で膨らみナチュラルなミドル級のシュトルムと比べると見劣りがした。相当の無理を重ねてリングに上がったようだ。

 その代償も少なくなかった。かつての華麗な動きは影を潜め、鋭さを欠いたブローはヒットしても若いドイツのチャンピオンにほとんどダメージを与えられなかった。ベストのウェルターもしくはS・ライト級当時を思い起こせば、まるで鉛のハンデを身に纏って戦っているようだった。結果こそ予想通りとはいえ内容は3人のジャッジが揃って115―113の僅差を付ける際どい勝利。「最後の2、3回は試合を放棄したくなったこともあった」と本人が語るほど苦しい戦いではあったのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 517文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

PRIDE 2nd Round 「最強」に至る道。PRIDE 2nd Round

ボクシングの前後の記事

ページトップ