SCORE CARDBACK NUMBER

日本ジム所属選手による王座統一戦への期待感。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2004/07/29 00:00

 1週間足らずの間に横浜のジムから立て続けに2人の世界チャンピオンが誕生した。日本のボクシングもやるときはやるもんだ。

 徳山昌守をワンラウンドで沈めた川嶋勝重ほどの衝撃はなかったものの、7月3日後楽園ホールのWBAミニマム級戦で勝った新井田豊の変身ぶりにも光るものがあった。

 新井田といえば、初挑戦で世界チャンピオンとなった後、一度も防衛戦を行わないままベルトを返上して“引退”するという前代未聞の怪挙(?)をやってのけた男である。当時は身勝手だと非難され“新人類”扱いもされた。それでもジムの後輩の指導に当たっているうちに再起を決意し、3年ぶりに自ら手放したタイトルを奪還したのだから、これはなかなか真似のできることではない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 618文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ATHENS2004 preview1サッカー五輪代表 終わらない夏。

ボクシングの前後の記事

ページトップ