SCORE CARDBACK NUMBER

ベネズエラの問題児は
どこまで世にはばかるか。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2009/04/13 07:00

 デビュー以来の24戦をすべてKOで飾り、なおパーフェクト記録を更新中のエドウィン・バレロの周辺が何やら慌ただしい。ベネズエラのKOアーティストに一体何が起こったのか?

 昨年6月、日本武道館で嶋田雄大の挑戦を7回TKOに撃退したのを最後に、バレロはリングに上がっていない。ようやく4月4日、米国テキサスで2階級世界制覇を狙って、マニー・パッキアオ返上のWBC世界ライト級王座決定戦出場が決まったが、日本のリングへの登場は絶望的になった。というのも、つい最近帝拳プロモーションから契約を打ち切られてしまったからだ。これは、王様のごときわがままが度を超し、本田明彦プロモーターもついにさじを投げた、というのが真相のようだ。同時に名匠ケニー・アダムストレーナーとも決別した。「パッキアオを倒す」と豪語して米国に移住したバレロの前途は多難だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 547文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

【完全保存版】日本野球、連覇への軌跡。

関連記事

エドウィン・バレロ

ボクシングの前後の記事

ページトップ