SCORE CARDBACK NUMBER

デラホーヤ引退で考える
ボクサーの身の引き方。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2009/05/14 06:00

デラホーヤ引退で考えるボクサーの身の引き方。<Number Web> photograph by Getty Images

 去就が注目されていたオスカー“ゴールデンボーイ”デラホーヤが、正式に引退した。

 パッキアオに惨敗してから4カ月、36歳のスーパースターは、「最高のレベルで戦えなくなったのに現役でいるのは、自分自身に対しても、ファンに対してもフェアではない」と語り、そのスマートな身の引き方が好感を持たれている。

 だが、ここに至るまで本人は悩みに悩んで、会見の直前にやっと決断したという。ボクサーが引退に踏み切るには、かくも決心がいるものなのだ。

 バルセロナ五輪金メダリストからプロに転じて約16年。その大半を世界の頂点で過ごし、前人未到の6階級制覇など、世界王座に就くこと10回。トリニダードはじめ、強敵のほとんどと対戦した点も評価されるべきだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 582文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

最強の組織論。

Sports Graphic Number 728

最強の組織論。

 

関連記事

モハメド・アリ
辰吉丈一郎
オスカー・デラホーヤ

ボクシングの前後の記事

ページトップ