SCORE CARDBACK NUMBER

今春、日本MMAは2つのフェザー級GPが焦点に。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2009/03/26 06:17

今春、日本MMAは2つのフェザー級GPが焦点に。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

 フェザー級に春一番が吹き荒れる。

 この3月、国内の二大MMAプロモーションが競い合うようにフェザー級GPを行うことになった。先陣を切って3月8日に開催されたのはDREAMフェザー級GP。“速く、美しく、強い”をコンセプトに63kgの契約体重でスタートした一回戦は全体的に試合内容が今ひとつ。膠着状態に陥ると、観客席から遠慮なくブーイングが飛んだ。終わってみれば、ワンマッチでキッチリ一本をとった青木真也や川尻達也の方が大きなインパクトを残した気がする。

 その要因としては勝ちを意識しすぎて必要以上に肩に力が入ってしまったのに加え、初の大舞台というプレッシャーから本来の動きができなかったことが考えられる。“KIDの一番弟子”山本篤を2-1の判定で振り切った“足関十段”今成正和はそのどちらも否定しなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 573文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

世界から見たJリーグJ.League, Yes or No

格闘技の前後の記事

ページトップ