SCORE CARDBACK NUMBER

五輪本大会に劣らない重い4年間の始まり。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

posted2008/10/23 00:00

 10月5日に行なわれた世界柔道団体選手権。北京代表の多くは出場を辞退し、新鮮な顔ぶれが日本代表に名を連ねた。

 無理もない。代表選手たちは4年間、北京を見据えて日々練習に励んできて、大会は終わったばかりだ。4年という時間は選手にとってどのようなものか。以前、カーリング日本代表の小野寺歩が語った言葉が印象的だった。

 「情熱が現実を引っ張ってきたような4年間でした。4年間、五輪のことを考えない日は1日もありませんでした」

 あるいはシドニー五輪競泳で銀メダルの田島寧子。当時19歳だった彼女が、帰国後こうつぶやいたのを思い出す。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

小野寺歩
田島寧子
山岸絵美
中村美里
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ