SCORE CARDBACK NUMBER

日本の二輪界、期待の星。
日浦大治朗の明るい未来。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2009/11/10 06:00

日本の二輪界、期待の星。日浦大治朗の明るい未来。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

育ての親でもあるノビーこと上田監督と。背は伸びても大治朗の表情はまだ少年そのもの

 これからの日本の二輪界を背負う逸材として注目されている日浦大治朗が、来季も「レッドブル・MotoGP・ルーキーズカップ」に参戦することが決まった。このシリーズは将来のGPライダーを育てようと'07年にスタートし、WGPのヨーロッパラウンドで8戦前後が開催されている。

 大治朗は中学1年生のときにシリーズのオーディションを受け、トップ合格を果たした。2年生になった'08年から参戦し、初優勝を達成して総合4位。今年は8戦4回の表彰台で最終戦までチャンピオン争いに加わり、総合3位だった。

 監督を務める元GPライダーの上田昇は、「来季からWGP125ccに参戦させる予定だったが、最低年齢が16歳に引き上げられたことで、引き続きルーキーズカップに参戦することにした。来年はタイトル獲得はもちろんのこと、16歳になる7月以降は、WGPにスポット参戦させたい。デビュー戦で優勝できるように鍛えていく」と語る。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

日浦大治朗

モータースポーツの前後のコラム

ページトップ