SCORE CARDBACK NUMBER

全日本が取り戻した明るく楽しいムード。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2004/12/02 00:00

 馬場元子前社長からバトンタッチして2年。沈滞ムードの武藤・全日本にようやく好転の兆しが見えてきた。

 10・31両国国技館で行われた武藤敬司デビュー20周年記念試合は、1万1500人の超満員。ノアのトップ・三沢光晴の参戦で、20年越しの夢のタッグ実現という目玉もあり、好ファイトに沸いた。2月を最後に日本武道館での興行を撤退して以来、久しぶりに「明るさ」と「楽しさ」を取り戻した全日本らしい大会だったといえる。

 このいいムードを持続できるかどうかのターニングポイントは11・21後楽園ホールで開幕の「'04世界最強タッグ決定リーグ戦」。12月4日に予定されていた長岡大会は新潟県中越地震の影響で来春に延期され、12月1日の八戸市体育館が優勝決定戦となる全8戦だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 599文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

格闘エゴイストLiving,Loving,Fighting
全日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ