SCORE CARDBACK NUMBER

天龍源一郎、55歳、頑固親父の挑戦は続く。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2004/12/28 00:00

 長州・WJの活動縮小、橋本・ZERO―ONEの解散と停滞気味のプロレス。気がつけば師走も残り少ない。「お前らなにやってるんだ!?」と若い選手に活を入れるのは天龍源一郎だ。'05年2月2日で55歳の頑固親父、やたらと元気なのだ。

 振り返れば'04年後半、天龍の働きぶりは際立った。夏のG1こそ不振に終わったが、北斗晶をマネージャーにつけ、全日本、新日本を股にかけ、フリーで暴れる健介ファミリーのバックボーンとして頼れるサンタ親父の役目を果し、業界をもり立てた功績は大きい。

 新日本の草間政一社長に蹴りを入れてど真ん中にカムバックした北斗。「天龍さんに『オイ、今晩手伝ってくれ!!』とあのダミ声で電話があったら、テレビ局の仕事を半分放り投げてでも出掛けるわよ」と楽しげだ。全日本の12・5両国国技館大会では健介ファミリー総出のRO&Dとの決着戦5対5イリミネーションマッチ。37歳の鬼嫁が木刀を持って150kgの巨漢ジャマールと大立ち回り。ダンナの健介が太陽ケアを垂直落下式ブレーンバスターで沈め、一家に福を呼び込んだ。勝利の瞬間、天龍親父と抱き合う北斗。今までになく明るく楽しい全日本の最終戦だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 442文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本サッカーの財産。

Sports Graphic Number 618

日本サッカーの財産。

 

プロレスの前後の記事

ページトップ