SCORE CARDBACK NUMBER

インディアンズの好調を生んだ“三位一体”。 

text by

津川晋一

津川晋一Shinichi Tsugawa

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2007/10/18 00:00

インディアンズの好調を生んだ“三位一体”。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

 6年ぶり7度目の地区優勝を、両リーグ一番乗りで成し遂げたインディアンズ。かつてO・ビスケル(ジャイアンツ)、M・ラミレス(レッドソックス)、J・トーメイ(ホワイトソックス)ら錚々たる役者が顔を揃え、'95年から7年間で6度の地区優勝と2度のリーグ制覇を果たした黄金時代があった。だがその後、年俸削減の方針から主力が流出し、'02年以降の5年間で勝ち越しは1度だけ。その低迷期を乗り越えた今季の大躍進には、3人のキーマンの存在があった。

 まずは'05年にメジャー最優秀エグゼクティブに選出されたM・シャピロGM。'01年末に就任すると、エースのB・コロン(エンゼルス)を放出し、当時エクスポズの有望株だったG・サイズモアを獲得したのを手始めに、T・ハフナーら現在の主力を相次いで獲得するなど、長期的な組織改革を断行した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 582文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

['07秋・G1シリーズ開幕]日本競馬の逆襲。

MLBの前後の記事

ページトップ