SCORE CARDBACK NUMBER

世界陸上マラソン勢は、北京のためにどう戦うか。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2007/04/05 00:00

 今夏に大阪で開催される世界陸上の男女マラソン代表が決まった。男子は昨年12月の福岡国際で選考基準をクリアした奥谷亘(SUBARU)を始め、前回銅メダルの尾方剛(中国電力)ら5人。女子も1月の大阪国際で優勝した原裕美子(京セラ)や昨年11月の東京国際で高橋尚子(ファイテン)を破った土佐礼子(三井住友海上)など5人が選ばれた。わずか3枠の五輪とは違い、世界陸上の代表枠は男女各5と多く、今回の選考でも特にもめることはなかった。

 しかし男子は、5人を選ぶのも大変なほどレベルが低く、日本陸連関係者の中には「5人も出す必要があるのか」と異議を唱える者までいた。'91年の東京大会では男子の谷口浩美が金メダル、女子も山下佐知子が銀メダルを獲得したが、果たして今回はどんなドラマを見せてくれるのだろうか。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 565文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

オシムの選択。Osim Japan Blues in Motion

陸上の前後の記事

ページトップ