SCORE CARDBACK NUMBER

努力と我慢を貫いて、有森裕子、爽やかな引退。  

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2007/03/08 00:00

 女子マラソンの有森裕子(リクルートAC)が引退した。3万人のランナーが都心を走った東京マラソンに出場した有森は、22.7km付近で後続のランナーと接触して転倒。腰を強打した上に両手両ひざを裂傷し、血染めのレースとなったが、全盛期そのままの粘りで見事に完走した。レースはもちろん、練習でも5年余り40kmを走っていなかったのに2時間52分45秒で走り抜いたのは、立派の一言。「人間、やる気になれば何でもできる」という信念を最後まで実証したヒロインに、心から拍手を送りたい。

 「1%の才能と99%の努力」という言葉が、これほど当てはまる選手は他にはいないだろう。股関節脱臼で生まれたために他の子供よりも歩き始めるのが遅れ、今でも両足の長さが違う。身体も硬く、ストレッチではほとんど前屈することができない。それでも'92年バルセロナ五輪と'96年アトランタ五輪でメダルを獲れたのは、人知れぬ努力と不屈の闘志があったからこそ。もちろん、グラウンド外での功績も忘れてはならない。日本初のプロランナーとなり、今では当たり前になった選手の肖像権の自己管理や、CM出演にも道を開いた。選手としても人間としても、有森が日本のスポーツ界に残した足跡は大きい。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 404文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[松坂大輔 メジャー上陸]覚醒する怪物。
有森裕子
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ