SCORE CARDBACK NUMBER

怪我人が続出してもヤンキースが強い訳。 

text by

出村義和

出村義和Yoshikazu Demura

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2006/07/04 00:00

怪我人が続出してもヤンキースが強い訳。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

 レフトの松井秀喜、ライトのゲーリー・シェフィールドがともに手首のケガで長期戦線離脱したのを始め、今シーズンのヤンキースはまるで何かに祟られたかのように故障者が続出。スタメンの半数近くを控え選手で戦うということも珍しくない。当然、苦戦が続く。チームは満身創痍となっているはずだ。だが、それでも追撃態勢をみせるブルージェイズをかわしながら、天敵レッドソックスと激しい首位争いを演じている。

 ヤンキースはこの数年、どこか緊張感に欠けていた。ところが今シーズンは'98年から3連覇したときのようなガッツを感じる。それを作り出しているのが、デレク・ジーター、バーニー・ウィリアムズ、ホーヘイ・ポサダ、そしてマリアノ・リベラの'96年からの黄金時代を築いてきた、生え抜きカルテットである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 587文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本サッカーは死んだのか。

Sports Graphic Number 2006/7/4臨時増刊

日本サッカーは死んだのか。

 

ニューヨーク・ヤンキース
デレク・ジーター
バーニー・ウィリアムズ

MLBの前後の記事

ページトップ