SCORE CARDBACK NUMBER

期待の18歳が切り拓く、日本人プロの生きる道。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2006/11/09 00:00

期待の18歳が切り拓く、日本人プロの生きる道。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

 4大大会ジュニアと同等クラスの大阪市長杯世界スーパージュニアで、杉田祐一が日本男子として12年ぶりの優勝を手にした。決勝では、第12シードのヘリオバーラ(フィンランド)に、第1セットを失ってから一気に逆転勝ち。フォアハンドの強打を武器に激しいストロークで攻め続けるプレーは、今年、見事に開花した。昨年の高校総体で優勝すると、今年はジュニアレベルでは敵なしで、全日本ジュニア18歳以下では1セットも落とすことなく完勝した。一般でも、ツアー下部大会のフューチャーズで3大会に決勝進出。その内、9月の大阪国際で、2度の全日本選手権優勝を誇る寺地貴弘らを破り、国際公式戦初優勝を遂げた。世界ランキングも、年頭の1497位から、最新(10月23日現在)では529位まで急上昇している。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

杉田祐一

テニスの前後のコラム

ページトップ