SCORE CARDBACK NUMBER

ベトナムと日本が描く奇妙な相似形。 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2007/08/09 00:00

ベトナムと日本が描く奇妙な相似形。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

 初の4カ国共催となった、今回のアジアカップ。ホスト国のなかでは、唯一ベトナムが準々決勝に進出した。大会前のFIFAランクが142位だったベトナムにとっては、歴史的快挙である。

 ベトナムのサッカーには、以前から好感を持っていた。この2年ほどの間でも、U―16、U―19、U―23、そしてA代表の試合を見ているが、世代を問わず、いつもおもしろいサッカーを見せてくれる。

 体は小さいけれど、動きが俊敏で、テクニックがある。テンポよくパスをつなぎながらも、時折トリッキーなプレーも好んで用いる。そんなサッカーがベトナムの特徴だ。今大会のグループリーグで日本と対戦したときもそうだった。特定の個人能力には頼れないから、全員がしっかり走って、パスをつないで攻めてくる。前半なかばあたりは、完全にベトナム・ペースになっていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 539文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[日本代表 屈辱のアジア杯]彼らは何を掴んだか。

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ