SCORE CARDBACK NUMBER

成功率90%、進化したトミー・ジョン手術。 

text by

出村義和

出村義和Yoshikazu Demura

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2004/05/20 00:00

成功率90%、進化したトミー・ジョン手術。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

 「あの手術法が生まれなかったら、僕の野球生命は多分終わっていただろうね」

 約2年ぶりのマウンドに立ち、7イニングを5安打3点に抑え、復帰を勝利で飾った翌日の5月2日、ジョン・リーバーはヤンキースのクラブハウスで静かに振り返った。

 肩に感じた違和感の原因が、実は右肘にあることがわかったのは一昨年の夏。診断は内側側副靭帯断裂。完治には靱帯の移植手術が必要だった。いわゆる、トミー・ジョン手術である。

「全身麻酔で2時間半。自分の右足の不要な靱帯を移植してもらった。痛みが完全に消えるまで6週間ぐらいかかった。それから1日4、5時間の本格的なリハビリが始まった」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 598文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

MLBの前後のコラム

ページトップ