SCORE CARDBACK NUMBER

母国イタリアで跳ね馬が一発仕掛ける大勝負。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

posted2005/09/01 00:00

母国イタリアで跳ね馬が一発仕掛ける大勝負。<Number Web>

 狙いが何かあるのは間違いない。フェラーリ・チームは、他が第14戦トルコGP前のテスト走行を自粛して“夏休み”としたのに対し、8月1〜4日まで母国イタリアのモンツァ・サーキットで4日間集中テストを行なった。

 それだけではない。2〜3日には本拠地フィオラノ・テストコースでモトGP王者、V・ロッシを走らせている。同時に2カ所、モンツァはL・バドエル、フィオラノはM・ジェネと、テストドライバーを送り込んだ。更に9〜11日にジェネは再びフィオラノに駆り出され、来季用試作2400ccV型8気筒エンジンの実走テスト。詳細は明らかにされていないものの、トップチームの中でやや遅れ気味だった新型エンジン開発ワークにフェラーリも本腰を入れてきたように映る。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 611文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[詳報!W杯最終予選1位通過]日本代表 誇りを胸に。

F1の前後の記事

ページトップ