SCORE CARDBACK NUMBER

五輪ヒーローが消える不思議現象とは。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

posted2004/09/22 00:00

 アテネ五輪が終わった。メダル組は、あわただしくテレビ出演をこなし、イベントや祝勝会に大忙し。それとともに、我々マスコミ陣が忙殺された時期も幕を閉じようとしている。日本のテニスは、杉山がシングルス8強入り、ダブルスがメダルを逃したが4位と、健闘したと思う。メダルラッシュの中で、影は薄くなったが、'88年ソウル大会でテニスが五輪に復帰して以来、最高の成績だった。しかし、同時に、やはりテニスのトッププロの出場は、五輪の舞台にそぐわないと実感したアテネだった。杉山は、「4年に1度のスポーツとは、やはり懸けるものが違うと感じた」と話している。水泳、陸上、柔道などの関係者からは「甘い」とお叱りを受けるだろうが、4年に1度、五輪で燃え尽きることを目標にやっているスポーツと、毎週、毎年、真剣勝負を余儀なくされるテニスが、五輪という同じ舞台で戦うことに違和感を覚えるのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 548文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ガンバレ、ガンバレ、野球!

Sports Graphic Number 611

ガンバレ、ガンバレ、野球!

 

テニスの前後の記事

ページトップ