SCORE CARDBACK NUMBER

全米が注目する2年連続
サイ・ヤング賞のお値段。
~65万ドルから2300万ドルへ!!~ 

text by

津川晋一

津川晋一Shinichi Tsugawa

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2009/12/10 06:00

全米が注目する2年連続サイ・ヤング賞のお値段。~65万ドルから2300万ドルへ!!~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

15勝(7敗)での受賞は先発投手としては史上最少だが261奪三振や安定感が評価された

 MVPや最優秀監督など今年も各賞の発表が終わった。

 そんななか、ナ・リーグのサイ・ヤング賞にティム・リンスカム(ジャイアンツ)が、史上8人目となる2年連続受賞を果たした。

 初受賞した昨季よりも、防御率、被打率、与四死球などで成績がさらに向上。一方で受賞前には、マリファナ所持も発覚し「間違いを犯した。プロとして今後もっと自分を律したい」と謝罪するなど、何かと話題を呼んだ受賞会見になった。

 実はそのリンスカムが、このオフさらに話題を席巻しそうなのである。来季の年俸交渉が不調だと調停を申請する可能性が高く、要求額2300万ドル(約21億円)を基本線にする議論がすでに内々で交わされたとの噂も。これは現時点で投手最高年俸のサバシア(ヤンキース)の金額がベース。もしも実際に申請すれば、今季わずか65万ドルだったリンスカムの要求が、'05年クレメンス(当時アストロズ)の2200万ドルを抜いてメジャー史上最高の調停希望額となる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 512文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

ティム・リンスカム
サンフランシスコ・ジャイアンツ

MLBの前後のコラム

ページトップ