SCORE CARDBACK NUMBER

高山勝成が迎える「自己証明」の戦い。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2005/08/04 00:00

 全くの無名から一躍世界チャンピオンとなった“浪速のシンデレラ・ボーイ”高山勝成(22歳)。おそらくボクサー仲間でいまもっとも羨望と嫉妬の対象になっているチャンピオンに違いない。

 同じ新チャンピオンでも、バンタム級の長谷川穂積は「あのウィラポンに快勝した」ことですでに一定の評価を得ているが、ミニマム級の高山の場合は違う。よく聞く「もしイーグル京和が肩を痛めなかったら、高山のチャンピオンもなかったろう」は仮説だが、説得力がある。イーグル(26歳)は昨年12月メキシコのイサク・ブストスを相手にした防衛戦の3回に突如右肩を骨折し、4回棄権TKO負けでWBC世界ミニマム級王座を明け渡した。アクシデントが起こるまでは完全に相手をアウトボックスしていただけに、同情を買ったのは初黒星を喫したタイ人ボクサーである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 556文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

天才少女伝説。Teenage Daydream

Sports Graphic Number 633

天才少女伝説。
Teenage Daydream

 

ボクシングの前後の記事

ページトップ