SCORE CARDBACK NUMBER

幻の世界新記録は、ガトリン伝説の序章か。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2006/06/08 00:00

 陸上男子100mで春の珍事が起こった。いや、世界記録が幻となってしまったのだから「珍事」というより「事件」と言った方がいいかもしれない。5月12日にカタールのドーハで行われた国際グランプリ大会でジャスティン・ガトリン(米国)は、アサファ・パウエル(ジャマイカ)の持つ世界記録を100分の1秒縮める9秒76をマーク。'04年にアテネ五輪、'05年に世界選手権(ヘルシンキ)を制したのに続き、念願の世界記録保持者となったのだ。ガトリンは9秒76を示す電光掲示板の前でひざまずき「完ぺきなレースだった。これで私が世界最高のスプリンターになった」と胸を張った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 651文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表 魂をドイツへ。Soul Survivors of Spirit

Sports Graphic Number 654・655・656

日本代表 魂をドイツへ。
Soul Survivors of Spirit

 

ジャスティン・ガトリン

陸上の前後の記事

ページトップ