SCORE CARDBACK NUMBER

20年の時を経て、「ナカジマ」が帰ってきた。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2007/11/15 00:00

20年の時を経て、「ナカジマ」が帰ってきた。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

 22歳でF1デビューとなった中嶋一貴。父の悟氏は'87年ブラジルGPに34歳で初出場、予選12位、決勝7位でそこから5年間、74戦のグランプリ・キャリアをスタートしていった。あれから20年。一回り若い22歳の彼を最終戦ブラジルGPで見ていて、かつての父は“サムライ”然としていたが、一貴は初々しい“少年剣士”のように感じられた。

 日本人としては最年少記録になる。ウイリアムズのA・ブルツが中国GPでF1引退を決意、今年からサードドライバーを務めていた彼が最終戦でそのシートに納まることになった。いわゆるスポットエントリーだがすでに5戦でフリー走行を走り、F1の雰囲気は知っている。20年前の父の時とは印象が違って見えた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 632文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[日本シリーズ完全詳報]竜の戴冠。
中嶋一貴

F1の前後の記事

ページトップ