SCORE CARDBACK NUMBER

J・バトンにのしかかる、
初戴冠のプレッシャー。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2009/10/15 06:00

J・バトンにのしかかる、初戴冠のプレッシャー。<Number Web> photograph by Getty Images

勢いをすっかり失ったバトン。第7戦トルコGP以来、優勝しないままの戴冠となるのか

 初タイトルを目前にしたドライバーが恐れるものは3つある。突然のマシントラブル、理不尽なペナルティ、そして自身のドライビングミスだ。これらの不安がプレッシャーを生む。

 日本GPでチャンピオン決定戦を迎えたJ・バトンは8位(1点)がやっとだった。S・ベッテルがPPからトップをキープしたまま“完全試合”を決めたのに対し、バトンは著しく精彩を欠いた。予選で黄旗区間追い越しによりペナルティを科された彼の走りは、スピンだけはしないよう守りに徹したものであった。バトンはベッテルに敗れたというより「タイトルプレッシャー」に負けたのだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ジェンソン・バトン
セバスチャン・ベッテル
ブラウンGP

F1の前後のコラム

ページトップ