SCORE CARDBACK NUMBER

スポーツ仲裁機構の存在意義を問う。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

posted2004/08/12 00:00

 7月14日、日本スポーツ仲裁機構は馬術障害の加藤麻理子選手(RCアルカディア)が日本馬術連盟を相手取ったアテネ五輪の代表決定取り消しと自身の代表選出を求める仲裁申請を棄却した。今回の決定では、最終的に加藤側の主張を退けたものの、日馬連に対して選考で「いくつかの不適切な面があった」と問題点を指摘、強く改善を求めるものとなった。だが、その一方でそうした不適切さも代表決定を覆すほど「著しい不合理さはない」として、選考のやり直しは退ける決定となった。4年前のシドニー五輪で水泳の千葉すず選手がスポーツ裁定裁判所に同様の申し立てを起こしたときと、ほぼ同じ内容の決定で、それは裁定を申し立てた時点から予想された答えともいえた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 629文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ATHENS2004 preview2アテネ五輪直前特集 ニッポンの超人たち。

他競技の前後の記事

ページトップ