SCORE CARDBACK NUMBER

厳しい時代を打開するシンプルな改革試案。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2004/12/28 00:00

 今の日本で、ボクシングは非常に厳しい時代を迎えているのかもしれない。

 K―1などの格闘技のように早く決着がつく競技を見慣れたファンの目には、ボクシングはまどろっこしく映るだろう。本当は一見退屈なシーンにも技術や心理的駆け引きといったこのスポーツの持つ奥深さが含まれているのだが、これは理解されにくい。テレビの視聴者は待ってくれない。

 ボクシングをもっと魅力あるものにするために何か方法はないか。ボクシング人の誰もが頭を痛める問題だが、最近帝拳ジムの本田明彦会長がこんな提唱をして注目されている。

 「今は試合をつまらなくするクリンチ、ホールドがあまりにも多すぎる。効いたパンチを受けて思わずクリンチするぐらいは仕方ないにしても、それ以外はレフェリーが厳しく規制すべきだ」というのだ。そのために減点を取る、反則失格負けもやるべし、と。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 547文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本サッカーの財産。

Sports Graphic Number 618

日本サッカーの財産。

 

ボクシングの前後の記事

ページトップ