SCORE CARDBACK NUMBER

宝塚記念に求められる抜本的な改革とは。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byShigeyuki Nakao

posted2004/07/01 00:00

宝塚記念に求められる抜本的な改革とは。<Number Web> photograph by Shigeyuki Nakao

 ダンスインザムード(美浦・藤澤和雄厩舎、牝3歳)の挑戦が電撃的に決まった、アメリカンオークス(7月3日、米国ハリウッドパーク競馬場、芝2000m、G1)というレース。正直に申し上げて筆者の知識になかったので調べてみた。一昨年に創設されたばかりで、過去2回はノングレードで行なわれており、今年から一足飛びにG1に格付け変更されていたのだ。

 アメリカ競馬はダート主体だけに、芝の、しかも3歳牝馬限定のビッグレースなどというものはほとんど用意されていなかった。芝が主流のヨーロッパに視野を広げても、意外なことに「3歳牝馬限定」のキーワードにマッチするものは著しく不足しており、そこに着目したハリウッドパーク競馬場がG1昇格をハナから念頭に置いたうえで創設したのがこのレース。やはり、知らなかったではすまされるものではない。米国競馬が得意とするプロデュースの力に、またしても唸らされてしまった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

競馬の前後のコラム

ページトップ