SCORE CARDBACK NUMBER

史上最高落札馬はSSの後継になれるか。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph bySeiji Sakaguchi

posted2004/07/29 00:00

史上最高落札馬はSSの後継になれるか。<Number Web> photograph by Seiji Sakaguchi

 サンデーサイレンス産駒を求め得なくなってからの初めてのセリとして、様々な意味で注目を集めた、「セレクトセール2004」(日本競走馬協会主催、当歳馬316頭が上場)が、7月12、13日の両日、北海道苫小牧市のノーザンホースパーク特設会場で行なわれた。

 名種牡馬サンデーサイレンスは、その産駒が先ごろ史上初の通算1900勝を突破し、死後もリーディングサイヤーランキングの首位を断トツで突っ走る不世出のスーパーサイヤー。国内の最高レベルの当歳馬が集結する同セールにおいても、SS産駒はもちろん別格の扱いだ。常に他を圧倒する高値で取引され、日本の競走馬生産の夢を大きく育む役割も果たしてきていたのだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

競馬の前後のコラム

ページトップ