SCORE CARDBACK NUMBER

「いい人」ではないからこその強さ。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byAtsushi Hashimoto

posted2007/11/29 00:00

「いい人」ではないからこその強さ。<Number Web> photograph by Atsushi Hashimoto

 内藤−亀田戦が「名勝負」として記憶されることはないにしても、あの試合の12ラウンドに起こったことは、後々ファンの間で語り草になるに違いない。あの時、大毅はなぜあのような反則行為を連発したのだろうか。

 「あれは、おそらく負けたくてやったことだと思いますよ」と、独自の解説をしてくれたのは浜田剛史さんである。負けたくて、といっても別に八百長行為ではない。回は終盤に入り、相手は強い。このままではどうやっても勝てない、どうせ負けるなら、反則失格負けの方がましと、自暴自棄になって……プロレスラーがフォール負けを嫌って“名誉ある”反則負けを選ぶのと同じ心理だったか。レフェリーに片腕掴まれ減点を取られた時、残る左手でガッツポーズをとった大毅の表情が忘れられない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 576文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

我らの証。 J FINAL Emotions 2007

Sports Graphic Number 692

我らの証。 J FINAL Emotions 2007

 

関連記事

内藤大助
亀田大毅

ボクシングの前後の記事

ページトップ