SCORE CARDBACK NUMBER

2つのミッションに挑む
城島健司の多忙な2009年。 

text by

津川晋一

津川晋一Shinichi Tsugawa

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2009/01/29 00:00

2つのミッションに挑む城島健司の多忙な2009年。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

 日本人メジャーリーガーたちが自主トレを開始した。今年はWBCが開催されるため、参加選手は4月の開幕まで慌しいスケジュールを消化することになるが、そんな中でもひときわ多忙を極めるのはマリナーズの城島健司だろう。

 まずは初出場が予定されるWBC。

 「もちろん羨ましかったし出たかった」と言う第1回大会は、日本人初のメジャー捕手に挑戦した時期と重なり不出場だっただけに、今回はアテネ五輪以来の日本代表復帰に胸を躍らせる。原辰徳監督に対して「どういう野球観を持たれているのか非常に気になるし、まず話したいですよね。まっさらな気持ちで挨拶を交わして野球観をぶつけたい」と積極的な姿勢を示すだけでなく、若手中心の投手陣の性格もいち早く掌握したい様子だ。2月15日、宮崎合宿の本格的な始動に先駆けて「捕手としては、それからでは時間が少なすぎる。『城島だけどよろしく』って核になる投手に電話をかけて、彼らの反応を見てみたい。本当は全員と麻雀したいぐらいですよ。一番分かりますからね(笑)」と公私ともに交流を深め、各々の長所を最大限に引き出すリードを大舞台で見せるつもりだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 456文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本ラグビー動乱の刻。

Sports Graphic Number 721

日本ラグビー
動乱の刻。

 

関連記事

城島健司
シアトル・マリナーズ

MLBの前後の記事

ページトップ