SCORE CARDBACK NUMBER

ユース世代に見た、“モノマネ”の大切さ。 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

posted2007/01/25 00:00

 年末年始は高校選手権をはじめ、中高生の大会を見て回るのが恒例行事だ。毎年のことだが、みんなうまくなったなぁと思う。頭抜けた選手がいないとの指摘は事実だが、総体的なテクニックのレベルは確実に上がっている。

 とりわけ、“抜き技”が多彩になった。もはや連続シザースどころか、ジダン得意のルーレットも当たり前。ピッチ上のあちこちで選手が回っている。永畑祐樹(神村学園)などはその代表で、ほれぼれするようなボール扱いを見せてくれた。

 テレビを通じて、これだけ映像が溢れるようになれば、彼らがそれに影響を受けないはずがない。要するに、モノマネである。これを、イメージトレーニング、と言っていいのかどうかは分からないが、世界トップレベルのプレーを見ることで、中高生がプレーのアイディアを増やしていることは間違いない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 556文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[RUGBY FOOTBALL CLIMAX]ラグビー 猛き光芒。

Jリーグの前後の記事

ページトップ