SCORE CARDBACK NUMBER

王道と一線を画した全日本が見せる活気。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2009/03/12 00:00

 武藤敬司の明るいキャラを前面に押し出す全日本が元気だ。

 “春の本場所”チャンピオン・カーニバル開幕を間近に控えた3月14日、ライバル団体の新日本、ノアを牽制するかのように東京・両国国技館大会を開催。世界タッグ選手権を含む3大タイトルマッチをぶち上げ、思い切った興行戦を仕掛けてきた。

 トップの武藤自身が新日本の1・4東京ドーム大会で棚橋弘至に敗れてIWGPヘビー級王座から陥落するポカを犯したが、武藤の化身とされる3冠ヘビー級王者グレート・ムタは健在だ。無冠の帝王・高山善廣(フリー)の挑戦を受けて2度目の防衛戦を行う。さらに、2月6日に後楽園ホールでノアの難敵丸藤正道を破る殊勲をあげたカズ・ハヤシ。半年ぶりに世界ジュニアヘビー級王座を奪還したベテランも新日本を退団した稔と初防衛戦を行うなど、まさに押せ押せムード。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 534文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[WBCプレビュー]日本野球の底力

Sports Graphic Number 724

[WBCプレビュー]
日本野球の底力

 

関連記事

武藤敬司
全日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ