SCORE CARDBACK NUMBER

「日本のハリケーン」袴田死刑囚のこと。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2008/02/28 00:00

 「東方のハリケーン、ミスター・ハカマダ、俺は生き延びた。あんたも生き延びてくれ……」

 後楽園ホールのビデオスクリーンに現れたルビン“ハリケーン”カーターが、力強い口調で連帯のメッセージを送った。東日本ボクシング協会主催の「袴田巌再審支援チャリティBOXING」(1月24日)のひとコマである。

 元プロボクサー袴田巌は、1966年静岡で起こった一家4人放火殺人事件の犯人として逮捕された。本人は一貫して無実を主張したものの、連日の長時間の取調べで「自供」に追い込まれ、これが死刑判決の決め手となった。だが袴田を犯人とするには疑問点が多く、弁護団は再審請求を出し続けている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 617文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[新監督の本音を問う]岡田ジャパンに夢はあるか。
袴田巌
ルビン“ハリケーン”カーター

ボクシングの前後の記事

ページトップ