SCORE CARDBACK NUMBER

「本物」という新機軸。ボクシング復興はなるか。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2008/01/31 00:00

 「亀田騒動」の台風一過、ボクシング界は復興に向けて動き出している。

 今年に入り最初の世界タイトル戦となった1月10日大阪のバンタム級ダブルタイトルマッチでは、WBC王者長谷川穂積が1位挑戦者マルドロットを3―0判定で撃退。同じくWBA王者シドレンコに挑んだ池原信遂は健闘及ばず判定負け。4日後(14日)横浜のWBA世界S・フライ級戦では、川嶋勝重が王者ムニョスと接戦を演じるも判定負けし、試合直後のリング上で引退表明した。

 3つの世界戦はいずれも判定勝負、しかもノックダウン・シーンひとつなかったが、内容的にはいずれも面白い試合だった。大阪の試合のテレビ視聴率は12.7パーセント(関東地区の平均)。亀田戦に敵わなかったという評価もあるかもしれないが、一連の亀田戦の視聴率も、アンチのファン分を差し引けば、こんな数字に落ち着くのではないか。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 543文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

監督力。 My Winning Method

Sports Graphic Number 696

監督力。
My Winning Method

 

関連記事

亀田興毅
亀田大毅

ボクシングの前後の記事

ページトップ