SCORE CARDBACK NUMBER

“連覇”か“奪回”か。31回目の8耐に注目。 

text by

河野正士

河野正士Tadashi Kohno

PROFILE

posted2008/07/24 00:00

 7月27日に決勝を迎える鈴鹿8時間耐久ロードレース。優勝候補筆頭は今年も強いヨシムラスズキだ。昨年の8耐でホンダの11連覇を阻止し、第1回、第3回大会に続き、念願の優勝を飾ったヨシムラスズキは、今年の全日本ロードレース選手権でも絶好調なのだ。

 JSB1000クラスに参戦する秋吉耕佑は、3戦を消化し優勝1回、2位1回を獲得し現在ランキング5位。さらに、8耐の前哨戦となる鈴鹿300km耐久ロードレースでは、その秋吉とスーパーバイク世界選手権に出場している加賀山就臣がタッグを組み、堅実なレース運びで優勝を飾っている。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

秋吉耕佑
渡辺篤
酒井大作
佐藤裕児
清成龍一
カルロス・チェカ
高橋裕紀
ジョナサン・レイ
ホンダ
ヤマハ

モータースポーツの前後のコラム

ページトップ