SCORE CARDBACK NUMBER

スポーツと酒場。この愛すべきもの。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

posted2005/02/03 00:00

スポーツと酒場。この愛すべきもの。<Number Web>

 流氷に覆われたオホーツク海に面する北海道は常呂町でカーリングを眺め、J2に沈んでもレッズへの愛冷めぬ浦和の人々のため息を聞き、ソフトテニス一色の街があると聞けば、能登半島の先端へと旅立つ。2000年7月の津軽を皮切りに、'03年春、バグダッド空爆のニュース流れる広島まで、スポーツを求めて訪ねたのは全国三十数カ所。本誌連載をまとめた一冊である。

 構想のきっかけは、著者がスポーツ紙記者だった頃の体験にある。

 「スポーツ新聞の記者は命ぜられるままいろんなところにいくわけです。たとえば、明日あそこ行ってくれとデスクに言われて、地方の高校野球の予選にさしたる予備知識もなくぱっと行くと、予選の会場とか面白いわけですよ。スポーツの現場にいると、喜怒哀楽が凝縮されているんだけど、喜怒哀楽におさまらないような独特の感情、風景があるわけです。それをいつか書いてみたかった」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 975文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[Female Athletes 2005]彼女はもっと強くなる。

他競技の前後の記事

ページトップ