SCORE CARDBACK NUMBER

メジャーを制した18歳10カ月の才能。 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2007/04/19 00:00

メジャーを制した18歳10カ月の才能。<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

 米女子ツアーの今季メジャー第1戦、クラフト・ナビスコ選手権を制したのはツアー2年目のモーガン・プレッセルだった。この優勝はプレッセル自身にとってのツアー初優勝であり、18歳10カ月でのメジャー制覇は、サンドラ・ポストが'68年の全米女子プロ選手権で打ち立てた20歳と19日の史上最年少記録を大幅に塗り替える金字塔になった。

 プレッセルはジュニア時代から将来を嘱望されてきた選手のひとりだ。

 弱冠12歳、史上最年少記録で全米女子オープンの予選会を突破し、本選出場を果たした彼女は、その後も順調に成長。'05年の全米女子アマチュア選手権で優勝すると、全米女子オープンで2位に入り、才能が確かなものであることを証明してみせた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ