SCORE CARDBACK NUMBER

予想以上に成功した、PRIDEの米国進出。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2006/11/09 00:00

予想以上に成功した、PRIDEの米国進出。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

 「フェードル! フェードル!!」

 耳をつんざくばかりのヒョードルの英語読みコールが超満員の観衆で膨れ上がったトーマス&マックセンターに響き渡った。10月21日(現地時間)、アメリカ・ネバダ州で行われたPRIDEラスベガス大会のメインイベント。現地の観客が一番声援を送ったのは意外にも同胞のマーク・コールマンではなく、初めてアメリカで試合をするロシア人のエメリヤーエンコ・ヒョードルだった。

 もちろんコールマンにもそれなりの声援が飛んできたが、ヒョードルのまるでハンマーを打ち込むような軌道の豪快なフックがヒットするたびに、それ以上のどよめきをあげるしかなかった。「ボンッ!」という強烈な破壊音と同時にコールマンの足元がふらつくのだから無理もない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 604文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[日本シリーズ完全詳報]ファイターズ 夢の結実。
エメリヤーエンコ・ヒョードル

格闘技の前後の記事

ページトップ