NumberEYESBACK NUMBER

2年目を迎える交流戦、“強い巨人”の真贋に注目。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

posted2006/05/25 00:00

 プロ野球のセパ交流戦が始まった。球界再編の波の中で、人気回復へのカンフル剤として昨年から導入された新システム、1年目は様々な明暗を分ける結果となった。

 ペナントレースでは両リーグともに、この交流戦が優勝の行方に大きな影響を及ぼした。

 パ・リーグでは24勝11敗1分で交流戦の初代チャンピオンに輝いたロッテが、その勢いのままにプレーオフから日本シリーズを制して、一気に日本一の座まで駆け上がった。

 一方のセ・リーグは、より以上に、はっきりと明暗が分かれてしまった。ペナント序盤で貯金11と好スタートを切った中日が、交流戦では15勝21敗と6つの負け越し。反対に阪神は交流戦で21勝13敗2分と3位の成績を収めリーグ首位に躍り出ると、そのまま2年ぶりの優勝を飾ることとなった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1011文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

W杯32カ国ストライカー列伝 攻撃者。 Master of The Goals
尾花高夫
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後の記事

ページトップ