NumberEYESBACK NUMBER

ドバイでウオッカ惜敗。世界戦が魅力の春競馬。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byToshiyuki Murata

posted2008/04/17 00:00

ドバイでウオッカ惜敗。世界戦が魅力の春競馬。<Number Web> photograph by Toshiyuki Murata

 3月29日、土曜日。UAE・ドバイのナドアルシバ競馬場でドバイワールドカップ諸競走が行われた。

 ダート王のヴァーミリアンがドバイワールドカップ(G?、ダート2000m)で昨年のアメリカ年度代表馬カーリンと激突し、牝馬のダービー馬ウオッカが、新しい鞍上に武豊を迎えてドバイデューティフリー(G?、芝1777m)に臨むなど、日本のファンにとって見どころの多いイベントとなった。

 日本との時差は5時間。朝方は肌寒いくらいだが、日中は強い陽射しがチリチリと肌を焼く。いくらか暑さが弱まった午後6時15分、4頭の日本馬の先陣を切り、イイデケンシンがUAEダービー(G?、ダート1800m)に出走した。同馬は果敢にハナに立つも、直線入口で手応えがなくなり、8着に敗れた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1057文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[PACIFIC LEAGUE SENSATION]熱パを揺らせ!
ヴァーミリアン
ウオッカ
カーリン
武豊
角居勝彦

競馬の前後の記事

ページトップ