NumberEYESBACK NUMBER

大晦日に“大連立”する日本の格闘技界。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

posted2007/12/13 00:00

 対立から連立へ。日本の格闘技界に新しい風が吹き始めた。先日、旧PRIDEスタッフが中心となって立ち上げた『やれんのか!大晦日!2007』(12月31日・埼玉)の開催が発表されたが、このイベントをK−1やHERO'Sを主催するFEGが共催することになったのだ。

 11月28日に行なわれた『やれんのか!』の記者会見には、FEGの谷川貞治イベントプロデューサーも出席して、「このままでは日本の総合格闘技が衰退するだけ」と旧PRIDEとの大連立を訴えた。

 その第一弾として発表されたのは青木真也vs.JZカルバン。青木がPRIDE中量級を代表する奇想天外なグラップラーなら、カルバンはHERO'Sミドル級世界王者決定トーナメントでV2を果たしている立ってよし寝てよしのオールラウンドファイターだ。事実上、PRIDEvs.HERO'Sの70kg級頂上対決といっても過言ではない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 988文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[欧州サッカー・若き支配者たち]新創世記。

格闘技の前後の記事

ページトップ