スポーツコラム 

元祖“4回転王”エルビス・ストイコが、羽生結弦へ貴重なアドバイス。

フィギュアスケート、氷上の華

元祖“4回転王”エルビス・ストイコが、
羽生結弦へ貴重なアドバイス。

6月8日から10日まで、長野オリンピック・パラリンピック20周年を記念して長野のビッグハットで行われたアイスショー「ヒーローズ… 続きを読む

田村明子Akiko Tamura

2018/06/19

元代表・吉原宏太から西野ジャパンへ。「だからすぐ次に夢をつくらないと」

サッカー日本代表「キャップ1」の男たち

元代表・吉原宏太から西野ジャパンへ。
「だからすぐ次に夢をつくらないと」

時差ボケで頭がぼーっとしたままの感覚。夢だった日本代表になれたという高揚感。そしてパラグアイが強すぎて歯が立たない衝撃。… 続きを読む

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

2018/06/19

スカウト100人集結の「持ってる男」。ドラ1候補、辰己涼介の肩・足・力。

マスクの窓から野球を見れば

スカウト100人集結の「持ってる男」。
ドラ1候補、辰己涼介の肩・足・力。

11日に始まった「全日本大学野球選手権」は、東北福祉大の優勝で17日に幕を閉じた。毎年のことだが、この大会は実に興味深い。 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/06/19

上原彩子の飛距離がまた伸びた!新コーチは地獄の練習で何を教えた?

ゴルフPRESS

上原彩子の飛距離がまた伸びた!
新コーチは地獄の練習で何を教えた?

思わず二度見してしまった。だって「248.57ヤード」である。上原彩子のドライバー平均飛距離が、去年より約10ヤード伸びている。… 続きを読む

南しずかShizuka Minami

2018/06/19

「危機感はない」発言は多分正しい。川口能活の記憶と、西野流の原点。

サッカー日本代表PRESS

「危機感はない」発言は多分正しい。
川口能活の記憶と、西野流の原点。

日本人最多の4度のW杯に出場した川口能活には、大会ごとに忘れられない記憶がある。チームのキャプテンに指名された2010年の南ア… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/06/19

リオ世代を診たドクターが明かす、大島、植田、遠藤の素顔とタフさ。

サッカー日本代表PRESS

リオ世代を診たドクターが明かす、
大島、植田、遠藤の素顔とタフさ。

ロシア・ワールドカップを戦う日本代表23人の中で、2016年のリオデジャネイロ・オリンピック(以下リオ五輪)に出場した選手は以… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2018/06/18

W杯から考える“熱”の生み出し方。MLSが先を行く若者狙いのSNS戦略。

【NSBC補講I】 池田純のスポーツビジネス補講

W杯から考える“熱”の生み出し方。
MLSが先を行く若者狙いのSNS戦略。

ロシアワールドカップが開幕しました。日本の初戦は6月19日のコロンビア戦。これからはしばらく、ブームのようなひとときがやっ… 続きを読む

池田純Jun Ikeda

2018/06/18

松山英樹はコース環境を批判しない。全米最終日の「-4」を生んだ戦意。

松山英樹、勝負を決める108mm

松山英樹はコース環境を批判しない。
全米最終日の「-4」を生んだ戦意。

全米オープン最終日。松山英樹は午前9時27分という早いスタートを迎えていた。前日に9オーバーとスコアを落とし、54位へ後退。す… 続きを読む

舩越園子Sonoko Funakoshi

2018/06/18

オシムがコロンビア戦に見る希望。「岡崎と乾、香川。そこに本田も」

ワインとシエスタとフットボールと

オシムがコロンビア戦に見る希望。
「岡崎と乾、香川。そこに本田も」

イビチャ・オシムは現在、グラーツに滞在している。当初は日本対パラグアイ戦を観戦にインスブルックまで出向くことも考えたが、… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2018/06/18

ヒディンク采配が西野監督の憧れ。ロマンに酔わず「強い選択」を。

サッカー日本代表PRESS

ヒディンク采配が西野監督の憧れ。
ロマンに酔わず「強い選択」を。

世界を驚かせたあの采配を、日本代表の西野朗監督はロシアW杯で再現しようとしている。「ああいう大舞台でああいう采配ができる… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/06/18

大谷翔平、憂鬱な3週間の先に希望を!靭帯損傷「グレード2」を徹底精査。

メジャーリーグPRESS

大谷翔平、憂鬱な3週間の先に希望を!
靭帯損傷「グレード2」を徹底精査。

大きな夢を与えてくれる存在。それが大谷翔平だ。近年では前例のない二刀流挑戦で投打ともにメジャー屈指の活躍を見せ、彼は開幕… 続きを読む

笹田幸嗣Koji Sasada

2018/06/18

クローゼが語るレバンドフスキの技。「すべての能力を持つストライカー」

Number PLAYBACK

クローゼが語るレバンドフスキの技。
「すべての能力を持つストライカー」

サッカー界には4年ごとに活躍する「W杯男」がいる。2016年に現役を引退した元ドイツ代表のミロスラフ・クローゼもそのひとりだ。 続きを読む

アレクシス・メヌーゲAlexis Menuge

2018/06/18

藤田俊哉が語る代表選手の“性分”。「重圧に見えても、それすら喜び」

藤田俊哉の日欧蹴球比較論

藤田俊哉が語る代表選手の“性分”。
「重圧に見えても、それすら喜び」

西野明監督が選んだロシアW杯最終メンバー、日本代表23名がヨーロッパでの直前キャンプに臨んでいる。コロンビア戦を目前に控え… 続きを読む

藤田俊哉Toshiya Fujita

2018/06/18

イングランドはプレミアの二線級?若い力でW杯8強なら上出来か。

欧州サッカーPRESS

イングランドはプレミアの二線級?
若い力でW杯8強なら上出来か。

悲願のワールドカップ初優勝から52年、イングランドは暗中模索の時代が半世紀以上続いている。この間、ワールドカップは1990年イ… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

2018/06/17

ゴールデンコンビが出会って10年。香川真司&乾貴士はW杯で再び輝く。

“ユース教授”のサッカージャーナル

ゴールデンコンビが出会って10年。
香川真司&乾貴士はW杯で再び輝く。

香川真司と乾貴士。日本が世界に誇るタレントは、お互いがピッチに立ってこそ力が発揮する“ゴールデンコンビ”であることを実証… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/06/17

西野監督が甦らせた「当事者意識」。選手を大人扱いすることの効果は。

サッカー日本代表PRESS

西野監督が甦らせた「当事者意識」。
選手を大人扱いすることの効果は。

西野ジャパンはオーストリア・ゼーフェルトでの合宿を終え、ロシアでの拠点となるカザンに入った。始動してまだ1カ月も経たない… 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

2018/06/17

栄光を取り戻せないマクラーレン。ホンダとの離別は必然の帰結だった。

F1ピットストップ

栄光を取り戻せないマクラーレン。
ホンダとの離別は必然の帰結だった。

F1の世界で長年、問われ続けてきた疑問がある。それは「F1マシンにおける全体的なパフォーマンスにおいて、車体とエンジン(パワ… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2018/06/17

レスリング・パワハラ問題の遠因か?日本代表と所属チームの指導兼務。

オリンピックへの道

レスリング・パワハラ問題の遠因か?
日本代表と所属チームの指導兼務。

6月14日、レスリングの全日本選抜選手権が開幕するのと時を合わせ、日本レスリング協会前強化部長の栄和人氏が会場の駒沢体育館… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2018/06/17

トルシエが考えるW杯のスタメンとは?「パラグアイの勝利は何も保証しない」

ワインとシエスタとフットボールと

トルシエが考えるW杯のスタメンとは?
「パラグアイの勝利は何も保証しない」

ワールドカップ前の最後のテストマッチとなったパラグアイ戦に快勝したことで、日本中がほっと一息ついたのは想像に難くない。 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2018/06/17

「脱・なんちゃってプレス」成功。前線の運動量がW杯を戦う武器だ。

ひとりFBI ~Football Bereau of Investigation~

「脱・なんちゃってプレス」成功。
前線の運動量がW杯を戦う武器だ。

スタンドでコロンビアの「スパイ」が忙しくペンを走らせる。日本とパラグアイの一戦を偵察に来ていたカンビアッソ(元アルゼンチ… 続きを読む

北條聡Satoshi Hojo

2018/06/16

ページトップ