スポーツコラム一覧 

第4回WBCと新ルールの導入。大物投手のスポット参戦も現実的?

スポーツ・インサイドアウト

第4回WBCと新ルールの導入。
大物投手のスポット参戦も現実的?

第4回のWBCが近づいてきた。といっても、3月7日からの開始なので、まだ少し間がある。登録選手28名を固めた国は皆無だし、出場が… 続きを読む

芝山幹郎Mikio Shibayama

2017/01/07

選手権、来季の目玉を早くも発掘!鹿児島城西・生駒仁という万能型CB。

“ユース教授”のサッカージャーナル

選手権、来季の目玉を早くも発掘!
鹿児島城西・生駒仁という万能型CB。

ベスト4が出揃った第95回全国高校サッカー選手権大会。4校の陰には、敗れ去った44校の涙があった。そこには2年生の存在もあった… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/01/07

新日本プロレス1.4ドーム後の世界。鈴木軍リターンズ。王者オカダの明暗。

プロレス写真記者の眼

新日本プロレス1.4ドーム後の世界。
鈴木軍リターンズ。王者オカダの明暗。

1.4東京ドームの余韻は、まだ十分に残っていた。メインのオカダ・カズチカとケニー・オメガの試合のインパクトはすごいものだっ… 続きを読む

原悦生Essei Hara

2017/01/06

年末年始のスポーツ、あなたが最も印象に残ったイベントは?~2016-17篇~

言わせろ!ナンバー

年末年始のスポーツ、あなたが最も印象に残ったイベントは?~2016-17篇~

Number編集部Sports Graphic Number

2017/01/06

打倒・青森山田は現れるのか?高校選手権4強、徹底プレビュー。

“ユース教授”のサッカージャーナル

打倒・青森山田は現れるのか?
高校選手権4強、徹底プレビュー。

第95回全国高校サッカー選手権大会もベスト4が出揃った。ベスト4に顔を揃えたのは、東海大仰星(大阪)、青森山田(青森)、佐野… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/01/06

セルティックスの“新”アイザイア!?身長175cmで打ち立てた驚異の記録。

#sotaronba

セルティックスの“新”アイザイア!?
身長175cmで打ち立てた驚異の記録。

2016年も終わりが近づいた12月30日。ボストンのTDガーデンは地元ファンによる熱狂的な「MVP!」コールに包まれた。 続きを読む

長澤壮太郎Sotaro Nagasawa

2017/01/06

笑わない男・小笠原満男が笑った日。現チームの礎を作ったあのタイトル。

JリーグPRESS

笑わない男・小笠原満男が笑った日。
現チームの礎を作ったあのタイトル。

2017年、天皇杯決勝戦。鹿島アントラーズが延長前半4分の勝ち越し弾を守り、クラブ5度目となる天皇杯優勝を遂げた。これで、鹿島… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2017/01/06

全日本3連覇「狙っていきなさい」。宮原知子がコーチに助言された理由。

オリンピックへの道

全日本3連覇「狙っていきなさい」。
宮原知子がコーチに助言された理由。

2016年の全日本選手権の女子は、宮原知子の優勝で幕を閉じた。これで宮原は同大会3連覇を飾った。 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2017/01/06

“高校球児・中村晃”は邪険だった。それでも周囲に愛される、素の男。

マスクの窓から野球を見れば

“高校球児・中村晃”は邪険だった。
それでも周囲に愛される、素の男。

こう見えて、私は“プロ野球スカウト”になりたい男である。もっと正しく言えば、プロ野球スカウトとして働きたい男である。 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2017/01/06

箱根の青学大に隙はあったが……。3連覇目は「駅伝っぽい」勝ち方で。

スポーツ・インテリジェンス原論

箱根の青学大に隙はあったが……。
3連覇目は「駅伝っぽい」勝ち方で。

「ミスがあっても、誰かがカバーして勝つ。去年のチームのような圧倒的な強さはないですが、なんか『駅伝』っぽくて、いいかなっ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/01/05

畠山健介、トップリーグを考える。15人中11人が日本人なのだから。

畠山健介のHatake's room

畠山健介、トップリーグを考える。
15人中11人が日本人なのだから。

2016年12月24日、クリスマスイブにヤマハスタジアム(静岡県磐田市)で行われた、ヤマハ発動機ジュビロとサントリーサンゴリアス… 続きを読む

畠山健介Kensuke Hatakeyama

2017/01/05

世界王者たちにも世代交代の波が。「U-15」勢の台頭に内山高志は――。

ボクシング拳坤一擲

世界王者たちにも世代交代の波が。
「U-15」勢の台頭に内山高志は――。

2016年の年の瀬に日本各地でボクシングのビッグマッチが開催された。世界タイトルマッチは東京、岐阜、京都で計7試合。悲喜こも… 続きを読む

渋谷淳Jun Shibuya

2017/01/05

女子ジャンプは高梨沙羅だけじゃない。今季絶好調、伊藤有希の“五輪観”。

オリンピックへの道

女子ジャンプは高梨沙羅だけじゃない。
今季絶好調、伊藤有希の“五輪観”。

また1つ、階段を上がったのかもしれない。ノルウェー・リレハンメルで開幕したノルディックスキー・ジャンプ女子のワールドカッ… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2017/01/05

剣道における一対一の空気の特別さ。一瞬の時間と空間を切り取る醍醐味。

書店員のスポーツ本探訪

剣道における一対一の空気の特別さ。
一瞬の時間と空間を切り取る醍醐味。

タイトルの「武曲」とは、北斗七星の中の二連星のこと。北斗七星をひしゃくに例えた時、柄の部分の先端から2番目にあるのが、そ… 続きを読む

今井麻夕美Mayumi Imai

2017/01/05

CSでの6失点と三浦大輔の準備。DeNA今永昇太、2年目への糧に。

ニッポン野球音頭

CSでの6失点と三浦大輔の準備。
DeNA今永昇太、2年目への糧に。

今永昇太にとっての2016年には、充実感と悔恨が入り混じる。ドラフト1位指名の誉れとともにプロの門をくぐると、期待に違わぬ才… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

2017/01/05

浦和の2016年は成功か、失敗か。1つのタイトルと、3つの競った敗戦。

JリーグPRESS

浦和の2016年は成功か、失敗か。
1つのタイトルと、3つの競った敗戦。

浦和レッズの2016年シーズンは成功だったのか、失敗だったのか――。チームにとってのシーズンが終わり、少し落ち着いて考えてみ… 続きを読む

轡田哲朗Tetsuro Kutsuwada

2017/01/04

誰も知らない韓国サッカーと徴兵制度。鳥栖・金民友はなぜ日本を去ったのか。

海外サッカーPRESS

誰も知らない韓国サッカーと徴兵制度。
鳥栖・金民友はなぜ日本を去ったのか。

あけましておめでとうございます。2016年は日韓サッカーシーンをウォッチングする立場からすると、静かな1年だったと言わざるを… 続きを読む

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

2017/01/04

高橋純平、ミギータ、五十嵐、松坂。ソフトバンク復権、重責を担う4人。

野球のぼせもん

高橋純平、ミギータ、五十嵐、松坂。
ソフトバンク復権、重責を担う4人。

タイムマシンに乗って、2016年5月に遡って自分に会いに行ったとする。「2016年、ホークスは優勝出来ないよ」たぶん、「オマエ何… 続きを読む

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

2017/01/04

三沢光晴と蝶野正洋が築いた絆。ノアと新日の蜜月、そして関係凍結。

ぼくらのプロレス(再)入門

三沢光晴と蝶野正洋が築いた絆。
ノアと新日の蜜月、そして関係凍結。

今、プロレス界にまた新たな地殻変動が起ころうとしている。 続きを読む

堀江ガンツGantz Horie

2017/01/03

深刻な「黒田ロス」を癒やす方法は?広島連覇には新スター誕生が必要だ。

炎の一筆入魂

深刻な「黒田ロス」を癒やす方法は?
広島連覇には新スター誕生が必要だ。

広島にとって、今年は新たな歴史の1ページになると言える。1999年の年末に起きた「2000年問題」に似ているのか、それとも国民的… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/01/03

ページトップ