スポーツコラム 

大学ラグビーは未熟だからこそ面白い。早慶戦に溢れていたミスとプライド。

スポーツ・インテリジェンス原論

大学ラグビーは未熟だからこそ面白い。
早慶戦に溢れていたミスとプライド。

日曜の早朝の興奮。日本代表はフランス代表と23-23のドロー。勝てたかもしれない――という思いは残るが、敵地で堂々たる戦いっ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/12/01

槙野智章、30歳にして代表主力に。道化役から進化した秘密の練習。

サッカー日本代表PRESS

槙野智章、30歳にして代表主力に。
道化役から進化した秘密の練習。

W杯アジア予選が終了し、ハリルジャパンは本大会への準備期間に入っている。予選突破の決め手となったのは浅野拓磨と井手口陽介… 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

2017/12/01

石川直宏と佐藤由紀彦が今語ること。出会い、FC東京愛、そして引退――。

JリーグPRESS

石川直宏と佐藤由紀彦が今語ること。
出会い、FC東京愛、そして引退――。

ゴツゴツした質感で、同じ匂いのする2人は、かつて同じ青赤のユニホームに袖を通し、1つのポジションを争った。 続きを読む

馬場康平Kouhei Baba

2017/11/30

鹿島、川崎、C大阪、柏からごっそり。ハリルが国内組で探すラストピース。

サッカー日本代表PRESS

鹿島、川崎、C大阪、柏からごっそり。
ハリルが国内組で探すラストピース。

「国内組で臨むEAFF E-1サッカー選手権のメンバーが発表されたけど、クラブワールドカップに出場する浦和の選手を呼べないためか… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/11/30

'22年W杯開催地カタールの無気力。サッカー熱は皆無、観客はサクラ。

フランス・フットボール通信

'22年W杯開催地カタールの無気力。
サッカー熱は皆無、観客はサクラ。

2022年のワールドカップ開催を控えるカタールだが、開催地決定の際の不正疑惑報道が世界を賑わせて以降は、さしたるニュースも聞… 続きを読む

クエンタン・ミュレールQueentin Muller

2017/11/30

10年ぶりのJ1復帰は実現せずとも。ヴェルディとロティーナの上昇曲線。

JリーグPRESS

10年ぶりのJ1復帰は実現せずとも。
ヴェルディとロティーナの上昇曲線。

音もなく、そろっと記者会見室に入ってきたロティーナ監督が席に着き、隣に通訳の小寺真人が座る。感情を読み取れない顔だ。やや… 続きを読む

海江田哲朗Tetsuro Kaieda

2017/11/30

ロッテがキャプテンを廃止。ところでプロ野球にキャプテン制度って必要?

言わせろ!ナンバー

ロッテがキャプテンを廃止。ところでプロ野球にキャプテン制度って必要?

Number編集部Sports Graphic Number

2017/11/29

リプレー検証の気になるグレーさ。野球ファン納得の運用法を考える。

ニッポン野球音頭

リプレー検証の気になるグレーさ。
野球ファン納得の運用法を考える。

11月13日、監督がリプレー検証を求めることができる新制度「リクエスト」が来シーズンから導入されることが決定した。 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

2017/11/29

5連続予選落ちは必要な犠牲だった。石川遼が語る、スイング改造の真相。

ゴルフボールの転がる先

5連続予選落ちは必要な犠牲だった。
石川遼が語る、スイング改造の真相。

痛いところを突かれた――。うすうす感づいてはいたが、ズバリと言われると口をつぐんでしまいたくなる。「まあ、そりゃそうなん… 続きを読む

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

2017/11/29

転倒寸前のバイクを起こす超絶技巧!!MotoGP、マルケス/ホンダの偉業。

モーターサイクル・レース・ダイアリーズ

転倒寸前のバイクを起こす超絶技巧!!
MotoGP、マルケス/ホンダの偉業。

MotoGPの2017年シーズンは、24歳のマルク・マルケス(ホンダ)が、アンドレア・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)と最終戦までもつれ… 続きを読む

遠藤智Satoshi Endo

2017/11/29

大谷翔平の兄も選手って知ってた?なぜか大物兄弟が少ないNPB。

酒の肴に野球の記録

大谷翔平の兄も選手って知ってた?
なぜか大物兄弟が少ないNPB。

アジアチャンピオンシップも終わって、今季のプロ野球もそろそろおしまいだ。そもそも野球協約では、12月1日から翌年1月31日まで… 続きを読む

広尾晃Kou Hiroo

2017/11/29

誰が日本サッカーを次のステージへ?藤田俊哉が考える「次世代」の条件。

藤田俊哉の日欧蹴球比較論

誰が日本サッカーを次のステージへ?
藤田俊哉が考える「次世代」の条件。

日本サッカーを次のステージに連れて行ってくれる次世代の選手は誰なんだろう? 最近そのような視点からフットボールを見ること… 続きを読む

藤田俊哉Toshiya Fujita

2017/11/28

工藤監督は、今宮健太の話がしたい。右打ちをやめ、取り戻した打の意識。

野球のぼせもん

工藤監督は、今宮健太の話がしたい。
右打ちをやめ、取り戻した打の意識。

「ん、もう終わり? 今宮くんのことはいいの?」工藤公康監督から報道陣へ質問を催促するという、ちょっと珍しいシーンがあった… 続きを読む

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

2017/11/28

サポーターを蹴り上げて出場停止!!エブラとカントナ、その激情の世界。

フランス・フットボール通信

サポーターを蹴り上げて出場停止!!
エブラとカントナ、その激情の世界。

11月2日、パトリス・エブラがヨーロッパリーグのギマラエス対マルセイユ戦でマルセイユサポーターに回し蹴りを喰らわせた事件は… 続きを読む

クリストフ・ラルシェChristophe Larcher

2017/11/28

高卒と大卒、志望届を2度出すも……。指名されなかった人が見たドラフト。

マスクの窓から野球を見れば

高卒と大卒、志望届を2度出すも……。
指名されなかった人が見たドラフト。

ドラフト会議からおよそ1カ月。今のところ、昨年の日本ハム6位指名・山口裕次郎投手(履正社高→現・JR東日本)のような「入団拒… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2017/11/28

優勝お預けでも、鹿島の軸はブレず。昌子「俺が決めてやる、じゃなくて」

JリーグPRESS

優勝お預けでも、鹿島の軸はブレず。
昌子「俺が決めてやる、じゃなくて」

内容は決して悪くなかった。柏レイソルのビルドアップに対して鹿島アントラーズは高い位置から積極的にプレッシャーをかけて、ク… 続きを読む

松本宣昭(Number編集部)Yoshiaki Matsumoto

2017/11/27

W杯抽選会と日本の“5つの法則”。ハリルJ、最良と最悪の組み合わせは?

Number Ex

W杯抽選会と日本の“5つの法則”。
ハリルJ、最良と最悪の組み合わせは?

涙を流すジャンルイジ・ブッフォンを、慰めるための言葉はあった。「もう泣くな。運が悪かったんだ」 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

2017/11/27

キタサンのJC敗因は高速決着か?鞍上の武豊も「馬場がだいぶ……」。

沸騰! 日本サラブ列島

キタサンのJC敗因は高速決着か?
鞍上の武豊も「馬場がだいぶ……」。

引退までラスト2戦となった「現役最強馬」キタサンブラックによる、史上2頭目の連覇はならなかった。 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2017/11/27

優勝と準優勝は、何もかもが全く違う。浦和のACL制覇が教えてくれること。

JリーグPRESS

優勝と準優勝は、何もかもが全く違う。
浦和のACL制覇が教えてくれること。

西川周作がピッチに倒れ込み、阿部勇樹は目に涙を浮かべ、普段はシャイな興梠慎三や青木拓矢まで飛び跳ねて喜びをあらわにした。 続きを読む

轡田哲朗Tetsuro Kutsuwada

2017/11/27

ビッグ5、次世代、そして錦織圭。役者が揃えば来季は空前の激戦に。

錦織圭、頂への挑戦

ビッグ5、次世代、そして錦織圭。
役者が揃えば来季は空前の激戦に。

男子テニス界、波乱のシーズンが幕を下ろした。ウィンブルドンのあとにノバク・ジョコビッチが去り、スタン・ワウリンカが続くと… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2017/11/27

ページトップ