サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

最後に決まったのは4年以上前……。
三浦淳寛が推す代表のFK候補者は。

posted2018/01/04 11:30

 
最後に決まったのは4年以上前……。三浦淳寛が推す代表のFK候補者は。<Number Web> photograph by AFLO

日本代表が最後に決めたフリーキックは、2013年9月6日の遠藤保仁。4年以上の沈黙を打ち破るのは誰になるか。

text by

松本宣昭(Number編集部)

松本宣昭(Number編集部)Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph by

AFLO

 公式記録の得点経過欄を確認する。ない。

 ページをめくって、1つ前の試合を確認する。ない。

 めくる、ない。めくる、ない。めくる、ない。

 ひたすら単純作業を続けること59試合目。ようやく、あった。2013年9月6日、キリンチャレンジカップ・グアテマラ戦の76分に、遠藤保仁が決めていた。

 日本代表の、直接FKによるゴールである。

 かつては木村和司、名波浩、中田英寿、小野伸二、中村俊輔、遠藤、小笠原満男、本田圭佑などなど。日本代表には、FKの名手が数多くいた。苦しい展開でも、彼らの一撃が試合の流れを変え、接戦をものにしてきた。'10年の南アフリカW杯では、本田と遠藤による2つの直接FKが、日本をベスト16に導いている。

 ところが、現在の日本代表は深刻なプレースキッカー不足に陥っている。冒頭で調べたとおり、最後にFKで直接ゴールが決まったのは4年以上前。アギーレ体制でも、ハリルホジッチ体制でも、1本もFKによるゴールは決まっていない。

三浦淳寛「現在の代表には名乗り出る選手すら少ない」

 なぜ“FK大国”は、“FK貧弱国”に成り下がってしまったのか。その要因を探るために、ある人のもとを訪ねた。

 三浦淳寛。言わずと知れたFKの名手である。多彩な球種を蹴り分け、日本におけるブレ球FKのパイオニアでもある。'99年のコパアメリカ・ペルー戦では、見事に直接FKを突き刺している。

 三浦氏に今回の取材テーマを伝えると、少し寂しそうな、少し悔しそうな表情で、語り始めた。

「4年以上も代表戦でFKによるゴールが決まっていないということは、日本のトップレベルにおいてセットプレーへの意識、重要度が落ちている証拠だと思います。世界レベルの相手と対戦したとき、フィジカルのぶつかり合いではまだまだ勝てない。そんな中で、セットプレーは唯一、誰にも邪魔されないでボールを蹴ることができる。南アフリカW杯で証明したように、日本が世界で勝つために、この武器を活かさない手はないんです。それなのに、現在の日本代表にはキッカーに名乗り出る選手すら少ない」

【次ページ】 「ヒデも、伸二も、俊輔も、ヤットも、満男も」

1 2 3 NEXT
三浦淳寛
遠藤保仁
原口元気
ロシアW杯
ワールドカップ

ページトップ