Number ExBACK NUMBER

深夜、モスクワからの国際電話。
カズさんが話したかったこと。

posted2018/01/04 07:00

 
深夜、モスクワからの国際電話。カズさんが話したかったこと。<Number Web> photograph by Kazuyoshi Miura

ドログバ、ロナウジーニョ、プジョル、セードルフら……FIFAレジェンドたちと共に食事を。日本人選手でここまで世界と渡り合える選手は、そうはいない。

text by

瀬尾泰信(Number編集部)

瀬尾泰信(Number編集部)Yasunobu Seo

PROFILE

photograph by

Kazuyoshi Miura

 午前1時55分。枕元のスマートフォンが振動した。

 寝ぼけ眼を細めながら眩しく光る画面を見つめ、なんとか「非通知」の文字を読み取る。

 この時間の「非通知」は、とらなくてもいいのでは──?

 悪魔のささやきが一瞬聞こえたが、条件反射で指が着信ボタンをタップしていた。

「──です」

ガサガサ、ガサガサ。どうにも聞き取りにくい。

「……ネです、セキネです」

 セキネさん。

 レジェンド・カズ、三浦知良選手のマネージャー、セキネさんだった。

「いま、モスクワなんだけど……」

 モスクワ……?

深夜の電話ということは……よっぽどのことが?

 あ。そうだった。

 カズさんはFIFAからレジェンドとして招待を受け、12月1日にモスクワで開かれた2018年ロシアW杯の組み合わせ抽選会に出席していたはずだ。昨晩遅くにテレビ中継も行われていた。日本はH組。対戦相手は、ポーランドと、コロンビアと、セネガル。少しずつ頭が動いてきた。

 と同時に、疑問が湧いてきた。

 セキネさんは、カズさんがブラジルでプレーしていた頃からずっとマネージャーを務めている。イタリア、クロアチア、オーストラリア……一緒に世界中を巡ってきているから、時差のことを考えずに電話をするわけがない。よっぽどのことがない限り、こんな時間にかけてこないはずだ。よっぽどのことがないかぎり……。

 よっぽどのことって。

 そんな! でも、もしかして……。

【次ページ】 最も多く“ハコ乗り取材”をしたアスリート。

1 2 3 4 5 NEXT
三浦知良
アントニオ・マニコーネ
ジェノア
マルセル・デサイー
ピーター・シュマイケル
ローラン・ブラン
ロシアW杯
ワールドカップ

ページトップ