マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

なぜ中島や鈴木より今宮健太なのか。
4年連続GGは本能と基本の合わせ技。

posted2016/12/12 07:00

 
なぜ中島や鈴木より今宮健太なのか。4年連続GGは本能と基本の合わせ技。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

フィールディングを見ているだけで楽しい選手、というのはそういない。そして今宮健太の守備は、お金が取れる守備だ。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 ソフトバンク・今宮健太遊撃手が「ゴールデン・グラブ賞」を獲得した。パ・リーグの遊撃手で、4年連続の受賞だという。

「へえ~、すごいねぇ。4年連続か」とつぶやいた後で、ハッと思った。

 あれだけ上手い中島卓也(日本ハム)はどうしたんだ。調べてみたら、あれほど上手い中島卓也がまだ一度もゴールデングラブ賞を獲得しておらず、あんなに上手い中島卓也の“G・G”を阻止し続けている今宮健太のすごさにあらためて唸ってしまった。

 今、パ・リーグの遊撃手のレベルはとても高い。名手2人のほかにも、今年の「ベストナイン」に選ばれた鈴木大地(千葉ロッテ)は100試合を超える遊撃手としての守備で今宮健太に匹敵する守備率をマークしているし、捕球体勢に入った打球はまずエラーしない確かなフィールディングを展開する安達了一(オリックス)も忘れてはならない。

 そんな名遊撃手たちが群雄割拠するパ・リーグで、今宮健太は4年続けて“ディフェンスの名人”と評価され続けてきた。

明豊高校3年の時の凄まじいアップが忘れられない。

 確かに、たいしたヤツだった。こうなる予感は高校時代からあった。

 今宮健太が大分・明豊高の3年の時、私は「流しのブルペンキャッチャー」の取材でグラウンドにおじゃましたことがある。

 ずいぶんと暑かったから、もう夏の予選も近い頃だったろう。ゆるやかな斜面のあちらこちらに湯煙りの上がる別府の街を、ずーっとのぼっていった場所にグラウンドはあった。

 そこで見た明豊のアップがすごかった。

 選手たちがバットを両手に1本ずつ持ち、それを頭の高さまでかかげ、バットを天に向けた状態でグラウンドを走る。

 聞けば、そうか……と思うだけだが、やってみるがいい。ものの50メートル走っただけで息が上がり、100メートルも走れば気が遠くなる。

 そんな過酷なランニングを、広いグラウンドをいっぱいに使って5周、10周。

 走る部員の列が長ーく伸びた頃、いつの間にか先頭に立って走るキリリとした姿が今宮健太だった。

【次ページ】 ノッカーが今宮の横をなんとか抜こうとするが。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
今宮健太
中島卓也
鈴木大地
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
千葉ロッテマリーンズ

ページトップ