北海道日本ハムファイターズ 

274件中 1 - 20件を表示
夢のオールスター同行記。失意の中田翔を救った熊本のおばあさん。

ファイターズ広報、記す。

夢のオールスター同行記。失意の
中田翔を救った熊本のおばあさん。

夏の野球の主役である高校球児たちは炎天下の中、各地で躍動している。そこに原点があるプロ野球選手たちも、いわゆる後半戦とい… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

2018/07/20

プロ野球界に大量世代交代の兆し……。清宮を筆頭に恐るべき若手が成長中!

“Mr.ドラフト”の野球日記

プロ野球界に大量世代交代の兆し……。
清宮を筆頭に恐るべき若手が成長中!

7月12日に行われたフレッシュオールスターゲーム(以下、フレッシュ球宴)でイースタン・リーグ選抜(以下、全イ)は、高校通算1… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2018/07/18

39歳武田久はなぜ引退しなかった?日本通運で臨む都市対抗で優勝を!

球道雑記

39歳武田久はなぜ引退しなかった?
日本通運で臨む都市対抗で優勝を!

その日は朝から太陽が燦燦と照り付けて蒸し暑い1日だった。「暑い中、お待たせしちゃってすみませんね! 取材こちらでも大丈夫… 続きを読む

永田遼太郎Ryotaro Nagata

2018/07/14

栗山監督が、ポーランド戦の西野采配に共鳴した。覚悟が宿った決断とは。

ファイターズ広報、記す。

栗山監督が、ポーランド戦の西野采配
に共鳴した。覚悟が宿った決断とは。

畏敬の念を、抱いていた。国を、チームを預かる者同士だからこそ、共鳴は生まれたのだろう。北海道日本ハムファイターズ栗山英樹… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

2018/07/06

ロシアW杯の喧噪を抜けて……。ぶらり鎌ケ谷で清宮幸太郎を見る旅。

ぶら野球

ロシアW杯の喧噪を抜けて……。
ぶらり鎌ケ谷で清宮幸太郎を見る旅。

サッカー、サッカー、雨、サッカー。いきなり懐かしの「権藤、権藤、雨、権藤」みたいな書き出しになってしまったが、梅雨も吹き… 続きを読む

中溝康隆Yasutaka Nakamizo

2018/07/02

日本ハム、唯一の永久欠番「100」。今も残る大社義規オーナーの愛と熱。

ファイターズ広報、記す。

日本ハム、唯一の永久欠番「100」。
今も残る大社義規オーナーの愛と熱。

永遠に風化させてはいけない史実がある。先人の思いは、ひっそりと伝統となって息づいている。前身の日本ハムファイターズは1974… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

2018/06/22

30歳になった斎藤佑樹。あの頃と変わらない人間としての「強さ」。

ファイターズ広報、記す。

30歳になった斎藤佑樹。あの頃と
変わらない人間としての「強さ」。

夏の足音が大きくなると、北海道日本ハムファイターズの広報部には多くの「便り」が届く。リクエストは1人に集中する。その数は… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

2018/06/08

「2番に送りバント」は安易すぎ?西武源田と日本ハム大田は強攻型。

野球善哉

「2番に送りバント」は安易すぎ?
西武源田と日本ハム大田は強攻型。

壮絶な打撃戦だった。5月27日の西武vs.日本ハムの首位攻防戦は1回裏に西武が6点を奪ったものの、日本ハムがじりじりと追い上げて… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/05/30

なぜ、球団は育てた選手を手放すか。その裏にある痛みと愛情と哲学とは。

ファイターズ広報、記す。

なぜ、球団は育てた選手を手放すか。
その裏にある痛みと愛情と哲学とは。

妄想してみると、ちょっとしたドリームチームが完成していた。セ・リーグとの交流戦開幕を控えた最近のことである。5月の福岡遠… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

2018/05/25

敗戦後の空港ロビーで見た幸せな光景。主将・中田翔が起こす化学反応とは?

ファイターズ広報、記す。

敗戦後の空港ロビーで見た幸せな光景。
主将・中田翔が起こす化学反応とは?

すがすがしく、誇らしいシーンに遭遇した。後輩も含めてチームメートからのニックネームは「大将」である。そう呼ばれる1人の選… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

2018/05/11

清宮幸太郎の「左ヒジ」が気になる。才能がある者だけに許された構え。

マスクの窓から野球を見れば

清宮幸太郎の「左ヒジ」が気になる。
才能がある者だけに許された構え。

日本ハム・清宮幸太郎選手が、このゴールデンウィークから一軍に合流した。“昇格”と書かないのは理由がある。 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/05/08

日本ハムが悩むファンサービスの形。選手も感情を持つ1人の人間である。

ファイターズ広報、記す。

日本ハムが悩むファンサービスの形。
選手も感情を持つ1人の人間である。

2018年、みんなで苦悩している案件がある。北海道日本ハムファイターズが誕生して15年目の節目を、今シーズン迎えている。選手も… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

2018/04/27

大谷翔平の本質を示すエピソード。「イラッときたら負けだと思ってる」

野ボール横丁

大谷翔平の本質を示すエピソード。
「イラッときたら負けだと思ってる」

つかみどころがない――。今、日本でもっとも語られることが多い野球選手、大谷翔平の印象である。いや、それこそが大谷だとも言… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2018/04/20

ファイターズの「母」に贈った引退式。プロ野球を支える偉大なる女性たち。

ファイターズ広報、記す。

ファイターズの「母」に贈った引退式。
プロ野球を支える偉大なる女性たち。

女は弱し、されど母は強し――。フランスの詩人、ヴィクトル・ユーゴーが残したとされる名言である。 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

2018/04/15

打者・大谷翔平と投手・大谷翔平は、ひとつの心と体で、どう共存してる?

Number Ex

打者・大谷翔平と投手・大谷翔平は、
ひとつの心と体で、どう共存してる?

ピッチャーに専念したらいいのに、という声が高まれば高まるほど、大谷翔平はバッターとして、結果を残してきた。日本でのプロ5… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2018/04/13

オリの新守護神・増井浩俊が貫く信念。リリーバーへのこだわりは新天地でも。

猛牛のささやき

オリの新守護神・増井浩俊が貫く信念。
リリーバーへのこだわりは新天地でも。

昨年12月7日、北海道日本ハムからオリックスへの移籍が決まった増井浩俊は、入団会見で少しはにかみながら言った。 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2018/04/05

日本ハムの新スタジアム、運命の1日。札幌市と北広島市がくれた感動を力に!

ファイターズ広報、記す。

日本ハムの新スタジアム、運命の1日。
札幌市と北広島市がくれた感動を力に!

感動は推進力――。栗山英樹監督が、よく口にする言葉である。 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

2018/03/29

球団広報という白も黒もない仕事。清宮の機知が背中を押してくれた。

ファイターズ広報、記す。

球団広報という白も黒もない仕事。
清宮の機知が背中を押してくれた。

私の仕事は、ベースボールの本場アメリカでは「PR」で通じる。入団してきた新外国人選手へ初めて挨拶をする時には、英語に疎いこ… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

2018/03/09

清宮幸太郎の肉体を4年半で作った男。「何が違うって、ポテンシャルです」

野次馬ライトスタンド

清宮幸太郎の肉体を4年半で作った男。
「何が違うって、ポテンシャルです」

この日も、男は例年と同じように深夜までデスクワークに勤しんでいた。明日はついに納品の日である。今日ここまでにできること、… 続きを読む

村瀬秀信Hidenobu Murase

2018/01/31

12年間通った母校で語った、清宮幸太郎のメジャーへの夢。

Number Ex

12年間通った母校で語った、
清宮幸太郎のメジャーへの夢。

――まず、プロ志望を決意したことについて聞かせて下さい。決めたのは、いつごろ? 続きを読む

田村航平(Number編集部)Kohei Tamura

2017/12/25

ページトップ