#707

記事を
ブックマークする

WBCムエタイに随行。 ジャマイカの熱い夜。

2009/03/08

 “レゲエのカリスマ”ボブ・マーリーを生み出したカリブの国でムエタイ。6月18日と20日(現地時間)、ジャマイカ第二の都市で高級リゾート地としても有名なモンテゴ・ベイでムエタイのビッグイベントが開催された。11カ国から計24名の選手が招聘され、3分5ラウンド・ヒジ打ちありにこだわった試合ルールで雌雄を決したのだ。K−1の台頭によって日本国内では3分3ラウンドヒジなしルールが主流になりつつあるが、海外に目を移してみるとK−1とは水と油のムエタイルールも幅を利かしていることがわかる。その急先鋒は、2005年に発足し昨年から活発な活動を続けているWBCムエタイ。年内だけでもクロアチア、中国、フィリピン、グアテマラなどでビッグマッチが内定している。

会員になると続きをお読みいただけます。
オリジナル動画も見放題、
会員サービスの詳細はこちら
特製トートバッグ付き!

「雑誌プラン」にご加入いただくと、全員にNumber特製トートバッグをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by Koji Fuse

0

0

0

前記事 次記事